後期研修のご案内このページを印刷する - 後期研修のご案内

初期研修を終了した医師を対象としています。
募集人数(平成27年4月募集予定)
 若干名
診療科別プログラム
 下記の専門分野において、3年から5年の後期研修プログラムを用意しています。

神経内科専修医コース(後期研修)プログラム

1.コースの概要

 本コースは、初期研修を修了した医師を対象として、3年から5年間の研修期間を通じて、神経内科専門医に必要な知識・技術の習得を目指します。

 日本神経学会の“後期研修到達目標”に基づき、神経内科専門医の取得を目標に神経内科のみならず関連領域(内科、脳神経外科、精神神経科、神経放射線、小児神経の研修も行います。

 当院は日本神経学会教育施設であり、当院での研修により神経内科専門医の受験資格が与えられます。

 神経内科専門医の受験にあたって、内科学会認定内科医を取得していることが必要であるため、内科研修を平行して行います。また徳島病院は日本内科学会教育関連病院に認定されてあり、他の内科領域の研修も受けることができます。

 研修を通じて、各種画像検査の読影、電気生理学的検査の評価、神経病理標本の判読、薬物療法(ボトックス治療など)、磁気刺激治療、呼吸器管理、機能的脳神経外科治療、リハビリテーション、遺伝カウンセリング等を実施あるいはサポートできるようにします。

 神経救急、急性期脳卒中診療、てんかん、小児神経診療等の分野は,国立病院機構のネットワークを生かして研修協力施設で症例を経験することが可能です。


2.取得資格
国立病院機構による専修医資格。
日本内科学会認定医試験受験資格。
日本神経学会専門医(神経内科専門医)受験資格。