薬剤科このページを印刷する - 薬剤科

 現在5名の薬剤師と1名の薬剤助手で病院内の薬に関する業務に携わっています。 薬剤科では、調剤、高カロリー輸液の無菌調製、医薬品の管理、薬剤管理指導はもちろんのこと、摂食嚥下栄養サポートチーム(SNST)、感染対策チーム(ICT)、医療安全管理対策、褥瘡対策チームなどチーム医療の一員として積極的に参画しており、その職能を発揮すべく日々、自己研鑽を行っています。
 特に”誤投薬により、死亡を含めた重大な健康被害が予測される薬剤”(糖尿病、心臓病の薬など安全管理が必要)を服用中の患者様には、安心して薬物治療を継続していただく為に、薬剤師が必要な情報の提供と薬学的知見に基づいた内容のお話をさせていただきます。患者様の入院時の質向上に寄与し、薬のご相談に対応し、投薬後の経過観察や結果の確認、薬物療法の評価を把握し、医師や患者様にその内容を伝達する等、安全な治療の為モニタリングを行う事に取り組んでいます。
 また、患者様が安心して薬を内服できるよう、糖尿病教室やパーキンソン病教室も定期的に開催しています。当院では、医薬分業を推進するための院外処方箋発行、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の普及に努めています。皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。