学術活動このページを印刷する - 学術活動

   徳島病院では、パーキンソン病の研究にも積極的に取り組んでいます。その学術活動の一部を御紹介します。

   ■徳島病院のパーキンソン病のリハビリが学術誌「Brain and Nerve」(2011年第63巻、第8号、平成23年8月1日発行)に掲載されました。 この雑誌は主に神経内科領域の医師を対象に刊行されている専門誌です。「Parkinson病に対する新しいリハビリテーション」と題された論文の中で、 徳島病院のパーキンソン病リハビリテーションのどこが新しいのか?このリハビリがなぜ必要なのか?などについての詳しい解説が掲載されています。

 

学術誌「Brain and Nerve」(PDF)

 

   ■徳島病院で行っている基礎研究がイギリスの学術雑誌「Human Molecular Genetics」の電子版に掲載されました。これは、分子生物学的なアプローチによって、 家族性パーキンソン病の発症に関与する新しい遺伝子を発見したものです。徳島病院臨床研究部の研究者たちは、最終的にはパーキンソン病の新たな治療薬を開発すること目指して、 日々研究に取り組んでいます。なお、この研究の詳しい内容は平成23年12月23日付けの徳島新聞記事(PDF)と 電子版で紹介されています。

    ■パーキンソン病リハビリテーション
徳島病院で行っているパーキンソン病専門リハビリテーション研究がEuropean Academy of Neurologyの学会誌である「European Journal of  Neurology」に掲載されました(2021;28(6):1893-1900)。これは、私たちが平成21年度から行っているグループ単位のリハビリテーション(この論文ではsociability-based fitness approachと呼称しています)が、個別に実施するリハビリテーションに比べ格段に効果的であることを証明したものです。 そして、リハビリテーションをグループで実施することによるモチベーションの向上が大きな役割を有することが同誌審査員に認められました。